運はいたるところにある

運はいたるところにある

人は運というものを日々の生活の中でどのくらい認識しているいるだろうか。

 

端的に言えば、「運がよかった。」あるいは、
「運が悪かった」という程度の認識であろう。

 

丸1日、四六時中運を意識している人などいないと思う。
何か良いことがあって「今日はついてるぞ」と思うのは、
運が自分の方に流れてる時かもしれない。

 

そんなん運を味方に付けるには運を見分ける力がなければならない。

 

運と一言で言ってもその種類は実に様々で、
人間に個性があるように運にも個性がある。

 

短期な運もあれば呑気な運もある。

 

じっとしている運もあれば、
せわしなく動き回る落ち着きのない運もある。

 

また運は刻々と姿形、スケール、
動きの振幅などを変えていくものでもある。

 

さっきまで「おっツイているぞ」と思っていても、
変化していく運に対応しなければ、
運について行けないばかりか、置いてきぼりを食らうことになる。

 

様々な種類が存在する運を感じるためには、
まず己の完成を磨かねばならない。

 

運はどこかに転がっているものではないけれども、
そこらじゅうに漂っているものである。
「運のある人」と「運のない人」の違いは
その気配を感じるか感じないか。
それだけの差なのだ。

 

 

感性がないと運は感じられない


 

 

参考文献:ツキをもってる人になる方法

 

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

 

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。

 



運はいたるところにある関連ページ

運は4種類に分かれる
運は4種類に分かれる
運命は意識しなくても変わっていく
運命は意識しなくても変わっていく
人生は円でとらえる
人生は円でとらえる