人生は円でとらえる

人生は円でとらえる

多くの人々は人生を「線」で考えている。

 

だから人生が苦しく、重いものになってしまう。

 

過去から現在、果ては死へと続く直線で人生をとらえてしまうと、
そのたびごとに遭遇する喜びや悲しみが個別のものとなる。

 

本来は喜びも悲しみも、人生にめぐってくるものすべてに連動性があり、
繋がっているものなのだ。

 

私は人生をシンプルな「円」としてとらえている。

 

喜びの反対側に悲しみがあり、優しさの反対側に怒りがある。

 

辛いことの反対側には楽しいことがあり、むなしいことの反対側には充実感がある。

 

そんなふうにあらゆる物事は円の上で向かい合っている。

 

そして、そのそれぞれは決して個別の存在ではなく、
すべて繋がり、連動しているのである。

 

「明けない夜はない」とか「止まない雨はない」といったりするが、
人生もそれと同様、同じ状態が永遠に続くことなどありえない。

 

しかし、人生を「線」で考えていると
「この苦しみが永遠に続くのではないか」と感じてしまうようになる。

 

人生を「線」ではなく「円」でとらえれば、
苦しみも悲しみも楽しさも喜びも
同一の線上にあることが理解できるはずだ。

 

そのように考えられるようになれば、
人生に苦悩することも少なくなるはずである。

 

すべてのものは流れ、巡り、繋がっている。

 

人生が循環しているものだとわかれば、
人生というものをもっと気楽にとらえていくことができるはずだ。

 

 

人生を円でとらえるとうまくいく


 

参考文献:ツキをもってる人になる方法

 

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。

 



人生は円でとらえる関連ページ

運は4種類に分かれる
運は4種類に分かれる
運はいたるところにある
運はいたるところにある
運命は意識しなくても変わっていく
運命は意識しなくても変わっていく