プロ雀士になるには

プロ雀士になるには?

プロ雀士になるには一体どんな準備等が必要になるのでしょうか。

 

一般的な麻雀はゲームの一つとして浸透していますが実はプロ雀士になる為には

 

数社ある麻雀協会のプロ認定試験を受け合格する必要があります。

 

プロテストの内容は書類審査で一次審査を通過した方が二次審査へと進め、

 

この二次審査では筆記、面接、実践対局となり実践対局までに不合格となる場合もある

 

なかなか厳しい試験となっておりこの二次試験通過者をプロとしての適正を

 

持ち合わせているか見極める第三次試験迄が用意されているのです。

 

また麻雀店では法律により18歳未満は入店できない事からプロテストも法に従い18歳以上となっています。

 

筆記試験の内容は麻雀知識の他にも麻雀を対戦するうえでの

 

一般常識や一般教養的な筆記試験も合わせて用意されており

 

各連盟の過去問題が見れるようになっています。

 

また、協会によっては小論文も用意されている所もあります。

 

プロと一口に言っても連盟がいくつかありそれぞれの特化した

 

点等が異なってきますので各連盟のインターネットホームページ等を参考にして

 

じっくり調べどこの団体に所属したいのかを検討する必要があります。

 

また、リーグ戦やタイトル戦の他、プロの居る雀荘に行って

 

実際に見てみるのも加盟する団体を選ぶ大きな決め手になるかと思います。

 

どの職業にも言えることでプロ雀士に限った事ではないですが

 

プロの声を聞くとプロになる事自体よりプロになり仕事を貰う方が難しいと話されてる方が

 

多くいらっしゃるので仕事が来るようになる迄はハードな道なのかもしれなせん。

 

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。